ゆれるスカート

しゃくしゃく余裕で暮らしたい

連休がおわる。世界が終わる。大げさな。

でも虚しいんだ。

さよなら。楽しい時間は一瞬だね。

 

車で通った高田の桜がわりと咲いていて、ほぉと思った。満開の桜が見てみたい。

 

この前、セカンドストリートで冬物を売り、今日はオフハウスで夏物を売った。

どっちも130円だった。

もっと高く売れると思ってなのになー。

 

これでタンスのキャパに怯えず春夏の服が買える。

飽きてすぐ着なくなるような服、着回せない服は買わない。ようにしよう。

 

新入社員。胸が痛くなる言葉だ。

私にもそんな時期があり、流れ流れて現在にいるなぁ、と感慨深い気もするがそうでもない?

春だからなんか思慮深くなってんのか?

 

明日からまた仕事。今週は4日だがんばれ。

同世代の女の子たち。同期後輩先輩。

嫉妬優越比較。

混沌より単純な気持ちを抱えてんのは私だけなんかな。

めんどくさいって全部投げ出したら、敏感になってたことに鈍感になれたら楽かな。

なにも怖いことはないはずなのに、全部怖いな。結局ひとりは怖くて、偽って微笑んで。

 

中学だか高校みたいだな。

グループ。何歳になっても景色は変わんないんだな。その時代その時代の枠組みがある。そのシステムは、メカニズムは同じ。

 

この日々をいつか笑って思い返す日が来るのかな。

 

 

二重になりてえ。