ゆれるスカート

しゃくしゃく余裕で暮らしたい

3回目のデート

13時半頃、Yは家の近くまで迎えに来てくれた。

そこから市街地へ。映画を観る。

君の名は。である。

私は3回目、Yは初めて観る。

 

デート代ぜんぶ出してもらおうなんて傲慢だよな。そうだよな。

そういうもんだと思ってたからさ、そういうもんだって知らなかった。そういうもんか。

 

非リアに恋は難しい。

 

一人暮らししたいって話したら、ニトリに行こうとなり、ニトリに行く。家具を見る。新婚ごっこかよ。付き合ってもねえよ。

 

お好み焼きを食べる。とても上手に焼ける。私が支払いをする。伝票を決して離さない。

 

LINEで「人前でも手をつなげるし、キスをしたこともある」と言うくせになんもしてこないのは私にキョーミないからっスか?

 

これ、100回デートしてもこのままじゃね?

 

3回デートしといて、「いい人いないの?」とか聞いてくんのはなんなんだよ…、探り入れてんのかよわけわかんねえ、並行して別の男とデートするほど器用じゃねえんだよ…。

 

チョコレートをあげる。

ドロスのCDを2枚貸す。

 

永遠に寝たい