ゆれるスカート

しゃくしゃく余裕で暮らしたい

闇に目を凝らせば

「辞めたい」と言ってから音沙汰なくて、本当に辞められるのか不安になった。

それで、もうすこし意志を伝えたいと思い店長に念を押した。

わりと快諾?了解?された。

 

それでもあと1か月は働かなきゃ行けない。わりと居づらくて早く辞めたい。

退職の日、最後に職場を去る時、どんな景色が見えるんだろう。どんな空がそこにあるんだろう。

 

きっと後悔みたいな感情はない。

 

辞めるということもあり、母親にこれまでの不満とかを話したら「なにそれ、パワハラじゃん」とか言われて、私がしようとしていることは正しいことなんだ、と思えた。

客観的な意見はいつでも必要だ。

ひとりで考えてても、自分の環境の歪みとかが分からない。

 

毎日息苦しい職場だけれど、近いうちに辞めれるからここの人たちとももう会わなくなるから、そんなに媚びへつらうことないやってなってすこし気がラク。

迷惑かけてばっかでごめんなさいね、でもあと1か月で辞めるからね、それまで我慢してね?

 

Oさんが「まともな人ならあんなところ(私の職場)辞めるよ」って言ってた。

なんかその言葉が嬉しかった。

 

これは自由を求める闘争だ。

https://youtu.be/r4B5RtiotLE