ゆれるスカート

しゃくしゃく余裕で暮らしたい

生きづらい

今日は泣いてばかりいた。

別に泣きたくて泣いたわけじゃない。

抑制してもしきれなかった、コントロールできなかった。

 

私の動きが悪いというか、今なにをすべきかの判断が悪くて怒られた。

怒鳴られたわけじゃないけど、グサッと鋭く吐き捨てられた。私に怒った人は副チーフでサバサバしててわりとキツい言い方をする人なんだけどね。

その時は泣かなかったけど、休憩中にトイレで泣いた。

 

休憩がおわって、改めて副チーフに注意というか、諭されていたら涙が抑えられなくなって涙がぼろぼろ出てきた。

副チーフもややびっくりしたのか、口調に鋭さがなくなっていった。

 

22歳にもなって泣くとか引くよね。

子どもかよ。

 

悲劇はおわらない。

 

私は、ちょっと考えればわかるようなミスをしてた。

副チーフが処理してくれた。

副チーフは私を「すぐ泣く子」と認識したはずで、明らかに優しくなっている。

恐怖を覚えるほどに。

「あなたのためにレベルを下げてるのよ」と言われたみたいだった。

 

子ども扱いされてる。

事実、すぐ泣くような奴は子どもだわ。

 

事務所に行ったら、副チーフと店長が私のミスのことを話してて、

副チーフは「ふつうわかる(ミスに気づく)よね〜」とか言ってた。

 

その言葉もあってまた泣き出す私。

店長は「気にしなくていい」と言っていたけど、私が泣き出したことにやや動揺していたようだった。

 

かくして私は職場の一部の人々に「すぐ泣く子」「扱いに気をつけるべき子」というレッテルを貼られたのです。

 

今のところ辞めたいという感情しかないです。

私が弱いのかな。

一本道をどこまで行ったら、進路を変える決断をしていいんだろう。

こっちじゃないっていつわかるんだろう?

 

1年はがんばろうと決意してたけど、明日にでも辞めたいよ。

明日休んだらぜったい、「昨日泣いてたし嫌になったんだよね〜」と思われるし、事実だし。

 

もっと辛くない仕事がしたいよ。

誰にでも幸福を追求する権利はあるでしょ?

なんなら給料とか低くてもいい。

 

今日みたいな死にたい盛りの日に限ってKチーフとよく遭遇するし、帰り際になんかケータイいじってたし、あれぜったい奥さんからのLINE見てるんだよって私は勝手に卑屈になる。

 

生きづらい。

 

サカナクションの歌にit is lightって繰り返してる(たぶん)のがあって、生きづらいとしか聞こえないんだ、それが。