ゆれるスカート

しゃくしゃく余裕で暮らしたい

私は無能です

仕事でまたミスをした。

 

最近はできることも増えてきてて前よりは心も軽くなっていた。

 

その矢先のミス。

 

調子乗んなよって言われてるような気がした。

ああ、私は幸せになっちゃいけないんだ。

 

こんなふうに書くと私が一方的に神様から虐められてるような、カワイソウな仔羊みたいに錯覚すると思うけれど、

 

このミスは私のせい。

誰のせいでもない。私の責任。

 

だから幸せになれなくたって自分のせい。これは罰。

 

頑張ってるつもりなんだけどな、

まだ足りないのかな。

全然足りないのかな。

 

明日が憂鬱だ。

明日はいつも憂鬱だけれど殊に明日は。

 

たぶん始末書を書くことになる。

私のミスが周知された環境で私はまた生きなければならない。

これは罰だ。ミスを犯した私はその環境に耐えなくちゃならない。

 

なにか言われるかもしれないし、言われないかもしれない。どちらもさほど変わらない。心の中は所詮わからない。

 

それでも私は懲りずに生きていくよ。

無能な奴ってレッテル貼られても(それは事実だし)しぶとく生きていくよ。