ゆれるスカート

しゃくしゃく余裕で暮らしたい

望年

昨日は友だちたちと忘年会のようなことをしました。

焼肉店で働いている友だちに予約をしてもらった。本当は彼女も一緒に忘年会するはずだったんだけど、バイトがはいっていてだめだった。残念。バイト中の彼女はかっこよかった。

それから、車で移動してイルミネーションを観に行った。小規模なものだけど、きれいだった。街は、クリスマスをなごり惜しむような寂しさと、年末という少なからぬハイなテンションが混じっていた。

そのへんの洒脱なバーでは今宵も紳士淑女がドラマチックな出会いをしているのかしら?

それから、東京から帰省してきている友だちも加わり、二次会へ。
彼女は、就活が難航していて疲弊していた。就活という悪夢をよく知ってるから、同情するし、本当に内定もらえることを願ってる。

集まった四人の誰しも彼氏がいない私たちは(活字にすると哀しさ100倍)、来年は彼氏をつくろう!と誓った。
だからこれは「望年会」。

昨日撮った写真のひとつ。

f:id:yureru-skirt:20151227135939j:image