ゆれるスカート

しゃくしゃく余裕で暮らしたい

潮騒

今日、ちょっとびっくりしたことがあった。

バイトの休憩中、バックルーム(従業員が休憩したりするスペース)で、ある貼り紙をみつけた。

それは、夜勤さんが辞めた理由についての貼り紙だった。貼り紙によると、夜勤さんはお店の商品を不正に持ち出していたらしい。それが原因で解雇されたらしい。

衝撃だった。静かな衝撃だった。
まさか…。うそだ…。
あの夜勤さんが?そんな素振りすこしもなかった。

哀しかった。裏切られた気分だった。
見せてくれた笑顔も、やさしい(私にはそう感じた)言葉もぜんぶ嘘だったのかな…。

彼はまっとうだと思っていた。県内で一番頭のいい大学に在籍していたし(中退したようだけど)、頭のいい人だと思っていた。

私は、夜勤さんがシフトに入らなくなり始めた、今から一ヶ月くらい前に、彼にLINEを送った。
その時彼は「自分が辞めることを店長は何か言っていたか」と聞いてきた。
それを二回聞いてきたので私は、なんかへんなの、と思った。

真実を知った今考えると、腑に落ちる気がした。
店長は私を含めた従業員に、夜勤さんのしたことを話したのか、彼は知りたかったのかもしれない。(その時は、おそらくバイトの誰も知らされてない。私は今日知った)

夜勤さんはなぜそんなことをしたんだろう。なぜ不正を犯したのだろう。
彼の心の闇。「心の闇」という言葉が適切かわからない。ほかに適当な言葉がみつからない。
お金に困っていた?遊びだった?ゲームだった?
わからない。

あの時のLINEで、「辞めてもまたお店に遊びに来てください」みたいなことを言わなくてよかった。
これないから。ふつう。
ふつうじゃない彼なら来るか?

事実を知ってもなお、彼を嫌いになれない私は阿呆なのだろう。