ゆれるスカート

しゃくしゃく余裕で暮らしたい

罪と罰とエコバッグ

今日も相変わらず昼頃起きるっていう怠惰さを許して、ベンジー

グレッチで殴って。

卒論2章をおわらせ(無理やり)、あとは提出するのみ!と、息巻いて学校へ車を走らせました。

しかし、学校の入り口の扉はどこも施錠されていて中に入れませんでした。
4年間大学に通っていてはじめて、日曜は学生会館以外は施錠されていることを知りました。おそいよ。

怠惰な私への罰なのでしょう。

というこで、泣く泣く帰路につきました。あ明日、ばバイトおわったら出しに行く…。

破門させられたらどうしよ(震)
再び先生に謝罪メール送ったけど、相変わらず返事はないし。

なななんとかなるよね???

帰りに寄った薬局で買い物をしたとき、商品をエコバックに入れてもらいました。
その薬局ではいつも、エコバックはお持ちですか?と聞かれるので、今度持ってこよう!と思っていたんです。
出せなかった提出物に、開いてなかった大学に落胆していたけどなんだかちょっとゴキゲンでした。
エコバック、なるべく使っていこうっと。
みなさんはエコバック使いますか?

**********

私は、通学の車の中ですきなミュージシャンのCDをかけていることが多いのだけど、聴きたいものがないときはラジオを聴きます。
今日ラジオを聞いていたら、映画を紹介していてその映画にとても興味を持ちました。

その映画はグザヴィエ・ドランという監督の『胸騒ぎの恋人』という映画です。

カナダ出身のグザヴィエ・ドランは現在26歳で、20歳で監督デビューしている。ゲイであることを公表していて、その容姿から「美しき天才」と呼ばれている。………ぜんぶネット情報ですが。

観たい映画がたくさんあって幸せだ。はやく卒論おわらせて観たいなー。くたくたになるまで観るんだ。

観たい映画のひとつに『ウォールフラワー』というのがあって、これも若者3人が主要人物でそのうちのひとりがゲイである。(『胸騒ぎの恋人』もまたそのようです)……似てる。

どちらもまだ観てないからなんとも言えないけど。ぜんぜん違うかもしれない。

映画熱とともに師走がやって来ようとしている。

胸騒ぎの恋人
ウォールフラワー