ゆれるスカート

深淵にて

晩夏が足掻く

昨日、ある会社から電話があって筆記試験が受かった旨が伝えられた。
急だけど、今週金曜に一次面接になった。

急なのは心の準備ができなくてびびるけど、それだけ内定というゴールが近づくってことだから喜ぶべきなのでしょう。

本当はその日、学校で面接練習を予約していたのだけど、面接入ったから、明日面接練習をする。

面接練習…。憂鬱すぎる…。
自分のクズさに吐きそうになる。
でも。
でも、練習しないで落とされるよりは絶対練習したほうがいいに決まってる。

明日は面接練習の後、学内合説がある。あんまり行きたくないんだけど(そんなこと言ってるからだめなんだよね)、内定決まってないのに欠席するのは傲慢だし…。一社だけ!一社だけ聞きに行こうかな。

来月の第1週目のゼミで卒論の第1章を提出しなきゃならない。
そろそろ始動しなきゃなあ。
かっこわるくてもいいから、先生にいろいろアドバイス頂戴したりしてがんばろう。

私はなにも言い訳にしない。バイトのせいにもしないし、実際問題ない。
内定もとって見せるし、卒論も仕上げて見せる。

夏休みのおわり(大学はまだ夏休みなんです)は謎に忙しくて、従来とは違うなぁ、と感じる。でも、忙しいのはたぶんしあわせなことだ。(過度なのはアレだけど)。

まずは明日がんばろう。

**********

恋の力はすごいと思う。
スカートなんて嫌いだった私に、スカートを纏わせ、ヘアアレンジなんてこれっぽっちもしなかった私に、「ヘアアレンジ   かわいい」と検索させる。

そんな私を私はけっこう気に入っていて、「恋に恋している」という言葉が適している気がした。

夜勤さんの夢が見れますように。ジーザス。