ゆれるスカート

しゃくしゃく余裕で暮らしたい

恋のおわり

恋がおわりました。
ボーカルくんに彼女ができたようです。

ツイッターで知りました。
公式表明したわけではないのですが、なんだかそうみたいです。

私は勝手に、ボーカルくんから好意もたれてるんじゃね?とか思ってただいぶおめでたい奴でしたので、とても落胆しています。

思えば、彼は顔がけっこうかっこいいですし、軽音楽部でバンドしてますから軽音楽部に所属するかわいい女子たちは彼をほっとくはずないのです。他大学との交流も盛んですし。
迂闊でした。彼は二次元しか愛せないのだとばかり思っていましたから、裏切られた心地です。なんだ、ちゃんと人間すきなんだ。

空洞。こころに穴。

きっとかわいい彼女なのでしょう。
私よりとてもかわいかったらとても諦めがつきます。ブスだったら許さない。

告白しなければ、好意を表さなければその対象は他にとられてしまう。

迂闊でした。かといって告白できたかといえばノウです。あまりにも早急すぎます。

ゼミ合宿。楽しみにしてたのに。
ボーカルくんと3日も一緒にいられるから。
でも。でも、もう憂鬱でしかない。
彼女のいるすきな人と3日も一緒にいなくてはならない。地獄とはこのことです。

時間をかけたメイクもかわいい服も何の意味もない。虚しいだけ。

正直、はやく別れてほしいし、余地があるなら誘惑して奪いたい。

けど、きっと難しいでしょうね。

そして私は誘惑できるほどアクティブじゃない。

さよなら、私の恋。
新たな恋が落ちてきますように。