ゆれるスカート

しゃくしゃく余裕で暮らしたい

インターン後半戦とそれに付随する感情

インターン二日目もなんとかおわりました。昨日よりもリラックスできた?かな。忙しい中親切に指導してくださった社員の方々、ありがとうございました。本当に感謝です。

いろいろなことを感じましたが、いちばん思ったのは時間を無駄にできない、ということです。働くことは本当に大変なことでした。ですから、学生である今を有効に生きねばなりません。働くことをモラトリアムさせれているのですから。

要は「働くのやだなーーー‼︎」です。

就活しんどい。自分の無能さ無価値さをこれでもか、と思い知らされる。

もういいよ。わかったよ。最初から知ってるよ。

ねえ。

夜勤さん。言わないけど。絶対に言わないけど。こんな弱音を吐いたらあなたはきっと、私に無能じゃないよって言ってくれる。あとは何にも言わないでタバコをふかしている。私が泣きやむまで。

要は、お風呂に入るのがめんどう。