ゆれるスカート

深淵にて

ユーウツとキユウ

それはあっけなく終わりました。卒論中間発表。
今日という日が近づくにつれとてもユウウツになっていたのだけれど、おわった!

といっても、初期段階の案だから曖昧だし中身ないしめちゃくちゃなのだけれど…。

でも、そんなにガチガチに緊張することなくできたかな!(たぶん可もなく不可もなくなフツーなのだけど、私にとっては万歳胴上げビール浴びに値します)
就活のお陰か?すこし人前で話すことに強くなったか?1mmくらい?

ゼミの人たちが排他的でなかったのが良かったのだと思う。(別に歓迎パーティーを開いてくれたのではないけれど)

ありがとう。

そのゼミにはボーカルくんがいるのですが、今日も安定のかわいさ。直視できません。できるわけない。

はーーあ、このまま一言もしゃべれず卒業するのかな。目に見えてるな。いつもの私。退屈な私。変わりたい。