ゆれるスカート

しゃくしゃく余裕で暮らしたい

私は空気

テストテストこちらは空気。どうぞ。

よくわかった。とてもよくわかった。彼が私を見ていないことに。世界は彼らで完結していて、私の入る隙間なんかない。

笑ったり相づちを打ったり、会話に参加しているふりをしていた。彼は私ではなく、もうひとりの人物を見ていて私には一瞥もくれない。

覚悟はしていたつもりだったけど、やはりショックである。ぐさり。ずぶり。

私は静かに死んだ。心の中で。

こんな夜はどうしたらいいかわからない。