ゆれるスカート

しゃくしゃく余裕で暮らしたい

年明けと式場見学

あけおめことよろ2019。

今年はどんな年になるのかな…!

 

元旦の善光寺は早めに行ったからわりとすいていた。晴天!あっぱれ。

彼氏のお母さんに証人として婚姻届にサインしてもらった。うちの父親にも。

あとは提出するのみ。

 

結婚式の式場見学に行ってきた。

至れり尽くせりでやばかった。

海外リゾートを思わせるゲストハウスは美しく、それでいてカジュアルで堅すぎず居心地が良かった。

挙式で実際に出される料理のフルコースの試食をした。

 

この会場しか見ていないからどうしても、ここがいいな…と思ってしまう。

 

見積もりを出してもらうには挙式の日取りを仮予約する必要があった。仮予約した。

もたもたしてると埋まってしまう的なことを言うんだもん…。(ほんとかよ)

 

ウエディング業界ももちろんビジネスで。

ほかの式場に流れないように、私たちの心が揺れることを言ってくる。

だから見学に行く人たちはいくつもの式場を見学するのはけっこう至難の技なんじゃないか…、?(阻止されるから)

でもひとつしか見ないで決めるのは怖いから明日もうひとつ見に行く。

 

良い年になりますように。

年の瀬

昨日は仕事納めだった。

年末の寒波がやってきて雪がわりと降った。

すでに正月休みの彼氏が車の雪下ろしをしてくれた。サンキュー。

 

仕事は半日で終わり、午後は掃除をした。

掃除なんてすぐ終わるから時間を持て余す。

みかんをもらって解散。

やった。9連休!泣

 

長い休みだから終わるのが怖いな。

新年の出社が億劫すぎる。

 

ゆっくり寝ていられるのも、だらだらできるのも、初詣に行けるのも嬉しい。

 

年が明けたら、結婚式場の見学に行くつもり。

4つほど見るつもり。緊張する。

 

ほんとうは給料が出たら行きたかった美容院に行くことにした。急遽予約。

12月分の給料は来月にならないと貰えないというからキレそう。

 

長い休みだからネイルをした。

セルフネイルむずい。

paよりネイルホリックのほうがいい感じ。

 

 

指輪をめぐる冒険

昨日は午前だけ仕事だった。

 

高速道路を使い移動し、指輪店へ結婚指輪を見に行った。

 

お店に入るのは緊張したけど、店内はそんなに緊張しなかった。

半個室のようなスペースで、あらかじめいいなと思っていた指輪のブランドを告げると次々に指輪が持ってこられた。

 

ホットコーヒーが出されて間もないのに次の飲み物がやってきて怯えた。

 

ネットで検索した段階では、細身でカジュアルで、ウェーブかストレートで、石はやや華やかな指輪がいいなぁと思っていた。

選んだものは細身ではなく存在感のある太さですこしウェーブしており、石は私が想像していたよりも華やかだった。ビフォーとアフターのギャップが可笑しい。

まったくノーマークだったブランドに決めたわけである。

 

彼氏は特にこだわりは無いとか言っていたから、私がおおかた決めることになるのだろうと思っていたが、わりとこっちの方がいいとか意思表示をするから嬉しかったし助かった。

安くない買い物だし、自分も付けるんだから変なのは嫌なんだろう笑

 

受け渡しは2月になるということだ。

思ったよりかかるなぁ。

待ち遠しい日々。

 

その夜、私の父と母と私と彼氏と焼肉を食べに行った。

父も母も彼氏のことを気に入っている。

父なんかは、息子ができたみたいで嬉しいんだろうなぁ。

 

幸せな一日だった。

最初の冬

新しい仕事を始めた。

毎日が精一杯で怒涛だった。

 

遅起きが体に染み付いていて6時半に起きるのがきつい。

彼氏がお弁当を作ってくれるのがありがたい。

 

悪くない仕事かもしれない。

職場の人も優しくしてくれるし、干渉しすぎることもないし、群れることもない。

休日出勤は嫌だけど、貯金は少ないから稼がなければならない。

 

 

残業も週3回くらいしよう。

できるだろうか…

 

したいことやほしいものはたくさんある。

直近だと結婚指輪。

結婚式費用、新婚旅行にだって行きたい、ゆくゆくは家を建てたい、子どももほしい…。

そのために頑張る。

時は金なり。

無職で無為に過ごした期間を取り戻したい。

時は金なり。

 

 

冬将軍がやって来た。

引っ越して来て最初の冬。

強い気持ちで越冬しよう。

 

次の日曜に指輪を見に行く予定。

いくつか候補のブランドがある。

緊張するけどわくわくする。

気おくれ

相変わらずの収入のない日々に焦る。

生きてるだけで金がかかる。人間が存在するには金がいる。

 

月曜日に見学に行った職場はなんとなく入社したいとは思わなかった。

だから前に見学に行った、もうすこしこぢんまりしたところにした。

木曜日にオリエンテーションがある。

早ければ来月あたまからの出勤かもしれない。

続けられるといいな…

 

※※※

 

この週末に実家に帰ることにした。

彼氏が大会で千葉に行くから、家に一人でいるのも退屈だから。

せっかく向こうに行くのだから、友だちとランチすることになった。来年挙式する親友。

 

彼女がもう仕事を始めているのか気になる…。

親友とか言いつつ自分と比べてしまうんだよなぁ…、はぁ。

会うことにすこし気後れするのは、私がまだ仕事を始めていないから。

生活も仕事も軌道に乗って、自信に満ちた姿で会いに行けたらよかった…。

そんな自分がかつていたのかも、これからなれるのかも分からないが。

ないものねだり。

 

とにかく。

今の私で会いに行くしかない。

 

ポトスライムの舟 (講談社文庫)

ポトスライムの舟 (講談社文庫)

 

最近読み終えた本。

だいぶ前に買った気がするが、電車での移動時や暇な時などに少しずつ読み進めやっと読み終えた。表題作よりも「12月の窓辺」のほうが好きだな。

 

秋の終わり

月曜日、派遣会社の営業の方と一緒に職場見学へ行った。

悪くない、と思った。

 

見学が終わると営業の方と別れ、高速道路を移動する。前の会社の退職手続きに行く。高速で1時間。

余裕を持って到着できたので安堵。

手続き自体は数分で終わった。

 

かなり居心地悪かった。

よく思われていない感が伝わってくるし、「頑張ってね」と言われても何と答えていいか戸惑う。

たった2回しか出席しなかった研修だけれど、交通費が出るらしい。微々たるもんだろうけどないよりはいい。

 

来週の月曜日にもう一社、見学に行く。

待機の時間が煩わしい…。

自分のせいなんだけどさ。

 

※※※

 

週末に彼氏と初めてコストコに行った帰り道、親友から電話があった。

なんだろう…。

 

6月に披露宴をするから来てほしい、とのことだった。

もちろん行くよ。

 

彼女は、私が引っ越して来る前、同じ職場で働いていた。

彼女もまたそこを辞めたのだと言う。

 

なーんだ。すこし嬉しかった。

私が離脱したいと常々思っていた、そして実際離脱したコミュニティが私の知らないところで続いていることは私を孤独にさせたから。

同じように離脱した人がいたと言う報せは私の心を軽くした。その人の離脱の理由が私と同じでなくても。

 

半年も先の披露宴だけど、今から何を着て行こうか悩んでいる笑

 

 

しまむらブラックフライデーでかわいいチェックパンツを買えて嬉しい。

 

 

挫折

引っ越してきて1ヶ月ほどで見つけた仕事を、わずかな期間で辞めてしまった…。

 

思いのほか早く就職ができたこと、落ちると思っていたけれど採用されたこと。思えば出来すぎた話しだったし、それ以上に私の考えは甘かった。

私の数少ない(というか唯一の)資格を活かせると思ったけれど、私の能力なんかたかが知れていたし上には上がいた。彼女たちと私との間には厚い壁があった。

 

はぁ…。どうしてこうなるの…。

 

気分が沈むし、無駄な時間を過ごしてしまったように思えて虚しくなる。

収入がないことも苦しい。

 

焦ってもしょうがないし、この経験はきっと無駄じゃない…よね。いい勉強になった。

 

次はうまくいきますように。